明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

大人の塗り絵

最近ハマり出した趣味で「大人の塗り絵」があります。私が取り組んでいる作品は、手のひらサイズ?より少し小さめなのであっという間に仕上がります。小さい作品ですが作品が出来上がった達成感は自画自賛ではありませんが、「私にこんなところに隠れた才能があったなんて・・・ウフフ」出来上がった塗り絵を家族中にお披露目、息子は「ふーんすごいじゃん」娘は「私も書いてみたい!!」主人は・・・

まだ2、3ページしかぬっていないのでペラペラ・・とめくって、「どれや」どうやら本の仕組みがわからないようで「これ」とページを開いた。主人もテレビの途中でめんどくさそうに、手に取ってくれたのだが、

その1ページが私がぬったものとはわからず、お手本だと勘違いをして、また「どれや」と、めんどくさそうに聞いてきた。「ありがとう、その言葉が褒め言葉として受け取ったからいいわ」と、後にした。