明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

夫婦の価値観は違って当たり前

よく、結婚の条件として価値観の相違を持ち出される人がいますが、それは無理というものだと思うのです。

 

この世の中は陰と陽でできています。右手と左手。朝と夜。男と女。冬と夏。このように相反する者同士が助け合うと化学反応を起こすのです。

 

例えば、右手と左手ならば、いつも良い所取りの右手に対して左手が嫉妬をし左手の役割を放棄したらどうでしょう。食事でさえ不便を感じるのではないでしょうか。このように知らないところでお互いは助け合っていてどちらが偉い、どちらが劣っているはないのです。そして右手と左手が仲良く作業をすればびっくりするほどの傑作が生まれるのです。

 

価値観は違って当たり前。何度も何度も話し合って折り合いをつけるべきです。

相手の「ありえない!」行動は、相手も自分に対して「ありえない!」と思っている所が必ずあるはず。相手だけが一方的に悪いという事はないので、そこをお互いに歩み寄る努力が必要だと思っています。