明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

学習障害のお孫さん

私のお客様は結構年齢層が広いのです。その中でもリピーターさんで80代の女性もいらっしゃいます。


その方のお悩みは20代のお孫さんの事。息子夫婦が離婚をして息子とその20代の男の子と3人暮らし。しかし、その20代の子が学習障害があって未だ足し算引き算ができないというのです。しかし、何とか高校も卒業して工場関係に努めることができたのですが・・・


普通の方が10分でできることが自分は30分もかかってしまう。これでは、また首になってしまう・・・「孫が可哀そうで、可哀そうで・・・」


しかし、話を聞いているとそのお孫さんはとっても優しい子なのだそうです。真面目なんだそうです。毎日その子のために高校から手作りのお弁当をこしらえて送り出すとおっしゃっていました。お二人の仲睦まじい話を聞いていると涙がこぼれてきます。


「〇〇さん、上手にお孫さん育てられたね、とっても素直でいい子じゃない。普通の親でもここまで育てられないよ、まっすぐでいい子じゃない、何も暗示することはないよ、世の中はね、金勘定で回ってるんじゃない。人情で回っているのよ。仕事をこなすのに時間かかったっていいじゃない、真面目が1番。胡麻化したり、見え透いたホラをふく人間が一番醜い。大丈夫大丈夫」と言ってあげたら納得して帰って行かれました。


「この子をおいて死ぬに死ねない・・・」何度も言われたこの言葉が私の脳裏でこだましています。