明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

家を建てるなら

家を建てようかな・・・と考える時は2つの理由がある時です。1つは家の老朽化。もう一つは家族構成による家の構造との利便性の不具合。

家の耐久性は、ま、木造、コンクリート、あるいはその土地の環境もあるかと思いますが、30年~40年くらいなのでしょうか、そして我の人生は20年~30年当たりで節目(結婚など)を迎えます。

この2つの岐路が同時に来るといいですね。「お前も結婚するか、それならそろそろ家も建て替えようじゃないか」というような話になると上手く事が運びやすくなります。

これがズレると、リフォームで終わってしまい、継ぎ足し継ぎ足しで「積み木の家」になってしまいます。

 

もし、親さんと同居なら、家を建てるに当たり向き合うようになりそこで問題も発生します。やはり30年40年先まで見据えて考えるせいか、生半可な妥協はそこに生まれせん。(ですが、何度も言うようですが官星を持った人は同居は避けましょう)

 

家に振り回されるのではなく、人生の用途用途に適した家つくりをお勧めします。