明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

小さなニュース

今、気になって気になって仕方がない小さなニュースがあるのですが

今年に入ってからでしょうか、ニュースで「1歳の女の子が母親と散歩中、橋の欄干から川に落ちた」という。母親は「娘が後ろを歩いてボチャンと音がしたので振り向くと子供がいなかった」橋の欄干は幅が広い格子で、小さい子が川をのぞこうとすれば簡単に落ちそうな欄干だった。のですが、

これは事故でしょうか?

その後、どうなったかはわかりませんが、子どもを持つ、あるいは育てた親ならわかるでしょう。小さなお子さんだったら半径1メートル以内に保護者がつきっきりでいなければ、とっさの時の行動が間に合わない。

それが子が成長するにつれ1メートつが2メートルになり、だんだん親の手から離れていくわけですが、

もし、これが本当に事故なら親の責任です。しかし、一方で育児ノイローゼも視野に入れておかなければなりません。事件の真相が知りたい!!

断易ではこのような事は占えないのです。タロットではできるのでしょうが、断易は神聖な占いなので、「悩みすぎて夜も眠れない」人のためにあるので、たとえ、「殺人」と出たところで、私は動くことができません。「占いで出ました」では、バカにされるだけなので、折角教えてくれた易に対して「ふ~ん」で終わってはしまう占いはしてはいけないと、言われています。

ご家族の方、警察の方が見えたら占いますが、断易は「興味津々」で占うことはできないのです。

 

※占いのアリーナは1月持って辞職します。約5年間ありがとうございました。