明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

懺悔(名前)

お子さんの誕生日を占っているときに、その子が珍しい名前だったのでお聞きしたらあの有名な〇徳先生につけてもらったと言われました。東海地方ではこの方を知らない人はいないだろうといわれるくらい有名な方で、民間ラジオで姓名判断のコーナーを何年も務められたほどの方でした。

だけど、その名前を付けられた子は、名前通りではなく誕生日通りに運勢を歩まれていました。学生時代、何度も先生に呼び出しをくらい、その後高校も中退をし、もう手に負えなくてどうしたものか・・・とのことでしたが、これでは名前が泣きます。

そういう私も・・・姓名判断を勉強しているとき、娘の名前を改名したのでした。

娘が生まれた時、上の子同様主人と名前を決めていたのですが(その頃はまだ占いには全く興味なし)姓名判断の本ばかりが増えて挙句の果て・・・妥協で付けたのです。「どうせ女の子だから今、一生懸命付けても嫁げば名前は変わるし」という理由からでしたが

勉強してると、罪悪感でいっぱいになりとうとう主人の意見も本人の意見も(小さかったので)改名してしまいました!!

改名と言っても、要は芸名のようなもので、戸籍は触りません。病院、銀行の時だけ戸籍の名前を使うのです。あれから10数年・・・ん~実際変わらずですね。しかし、そんな事口が裂けても本人、主人には言えません。

今思うと後悔です。娘を振り回してしまった結果になったわけですから。

本当に、本当に姓名判断が当たるとすれば、世の中の女性は結婚と同時に名前の画数も変えるはずなのです。変えない人がほとんどというのが姓名判断が当たる当たらないの答えではないでしょうか。

そもそも旧字体用、新字体用があるのも納得がいきません。例えば、さんずい編を3画とする派と「水」と置き換え4画とする派がありどちらの言い分も主張しています。姓名判断は1画違うだけで天国と地獄です。その事実を知った今、どーでもよくなりました。

でも・・・娘には懺悔です・・・・