明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

比肩劫財(ひけんごうざい)

四柱推命で比肩劫財の星はいろんな意味を持っているので判断が難しくなります。

まず、比肩劫財とは自分と同じ星の事です。日干(にっかん:生年月日の年・月・日・時間の4つの柱のうちの日にち、つまり日干。この星が主体となります)と同じ五行を比肩劫財と言います。例えば、日干が甲(きのえ)の人なら甲・乙(きのえ・きのと)が比肩劫財。十二支も加えるなら寅・卯も仲間に入ります。

比肩劫財が来るとどんなことが起こりやすいか?

比肩劫財は財星を剋す星(※注 剋す=わかりやすく言うと「じゃんけん」比肩劫財がチョキなら財星はパーで比肩劫財の勝)倒産、破産など。しかし出世の星でもあるのです。

もう一つは離婚の星。しかしもう一方では結婚の星でもあるのです。

だから、その辺りのセミナーや講座で3年くらいの授業では判断が全く違ってしまいお客様に迷惑をかけるところとなります。

その人の努力で運勢が変わることなどいくらでもあります。ですから正直な所、お客様の話も聞かないとわからないところもあるのです。苦労して苦労して比肩劫財が来たら出世となるし、そうでなければ倒産となる。前の星の時にどのような心で暮らしてきたかが重要なのです。苦労ではなくいじめられてボロ雑巾のような扱いをされ耐え抜いていたら「やめてください!」と、自己主張ができ逃げるなり主張が聞き入れられたりします。そして人によっては反撃に入ります。

 

毎週火曜日 金曜日 12:00~19:00

愛知県一宮市木曽川 「イオンモールキリオ店」2F

「占いのアリーナ」にて鑑定中