明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

生け花

高校1年から約20年間、生け花を習っていました。生け花の一番大切なコツは、一本一本、花の高さを変えることです。これをすることで、花一本自体が自立し、花たちの個性同志が共鳴してこそすばらしい作品となります。

すぐ隣に同じ高さの花を活けてはいけないのです。花同士が喧嘩をしてそこだけクローズアップされ醜く映ります。同じ高さのものがあるならなるべく遠くに移します。お互い意識できないほど遠くに移すことで、その花の個性がまた光り出します。

お互い個性を尊重しあう。そこに美があるのだと思います。人と違っていいのです。違わないといけないのです。自分と相反する意見を聞くこと、取り入れる事がどんなに大切なことか、そこに科学反応が起き想像以上のものが作り出されます。