明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

病気編(断易)

よくあるご相談で「医者にかかっているのですが、なかなか芳しくないんです」

そこで易を立てると「薬」のところのエネルギーが全くゼロになっていたので薬としての威力?が発揮されていない。と読み、「薬が効いていないようですね」とお伝えすると、「そうですよね、そう思います。」とおっしゃられます。

この前は娘が突発性難聴になって、その都度断易に頼り、また鮮やかに導いてもらえました。

①娘は初め、入院は嫌だと言って薬をもらって帰ってきました。易では治らない、現状維持。と出る。

②1週間後の通院で案の定、全く変化が見られないので入院を決意。易では完治可能と出る。

しかし、違う病気も出てくると・・・??何だろう。

ここで、医者の説明を思い出してこれから行う治療法を一つづつ易を立てていく。すると、その中で一つ副作用が強いとされる治療があり、次の日先生にその治療だけキャンセルしてもらいました。

③入院1日目で効果あり!!予定より2日早く退院することができました。その間、医者もびっくり。本当にこんなことがあるのか?と聴覚検査でウソをついているのでは?とも勘ぐられたほどです。そして脳波での聴覚検査も行い、本当ならもっと早く退院できたのですが、「様子を見る」ということで、それでも予定より2日早く退院できました。