明日への扉 | 占い、恋愛カウンセリング電話相談

高原に行ってきました

毎日暑い日が続きます。今日は車の免許を取って1年目の息子の運転で家族で高原へ行ってきました。

高原の目的は2つ。1つは息子の高速道路デビュー。自動車学校では高速道路が丁度工事中で走ることができなかったのだそうです。その後も学業に追われなかなか車に乗る機会がなくいつか、いつの日か高速を走ってみたいという夢を今日、実現してきたのです。もう一つ息子はバイクで高原を走るのが目的で、その目的に暇な私たち夫婦が便乗した形です。

朝早く、バイクを車に乗せいざ、高速道路へ。免許取り立ての頃は「怖ぇ~ 怖ぇ~」と、歩行者を見るだけで対向車が来るだけでビクビクしていたのが、ようやく板についてきたようです。高速を降りてから、左に流れる渓流が岩にぶつかるたび白いしぶきをあげて流れる様はまさに「涼」いくつかのカーブを曲がりながら高原へたどり着きました。

それから息子は車から降ろしたバイクで颯爽と高原の緑の中に消えてゆき。私たちは小川のせせらぎに。「そういえば昔、1/fゆらぎ?なんていう言葉が流行ったわね」といいながらしみじみせせらぎの音に耳をかたむけていると、どこからかウグイスの声も聞こえてくる。ここはまるで別世界だ・・・

現地の方が「今日も暑くなりそうですね」と声をかけてきたので私は「この辺りは何度まで日中上がるのですか?」と聞くと30度だと答えられた「30度!!?」私の住む町では、すでに朝起きてからクーラーなしでは過ごせれない。すると「我が家にはクーラーはないです」と言われ「へぇ~!!」そういえば道沿いには町ではもう見れなくなった「あじさい」がここでは見ごろとなっている。

そして息子との待ち合わせ時間。お互いに満足した面持ちで岐路に着きました。